鹿児島国際大における人間形成

鹿児島国際大は、日本を代表する大学の一つとして次世代を担う人材を育てています。鹿児島県という日本の南端に位置しながらも、東京や大阪、名古屋などの大都市圏には一歩もひけをとらない環境づくりをすることによって、注目を集めています。鹿児島国際大は、東西文化の融合と地域社会への貢献という壮大なるテーマをもとにつくられた大学であり、テーマに向けた取り組みは長きに渡って続けられています。1932年の設立以来、国際社会を常に意識しつつ、地域に貢献するといったことを目標に掲げており、昨今でもその流れを受けついでいます。地域に貢献するというのは、ただ単に大学近くの飲食店で消費をしたり、ファッションアイテムを購入したりするというものではなく、あくまでも、地域に根ざした取り組みをするということです。その精神が今でも引き継がれていることを如実にあらわしているのが、吹奏楽団などの演奏会への招待などであり、多くの地域住民にとってのくつろぎや憩いの場として一役買っています。

鹿児島国際大を代表する学部には、国際文化学部があります。この学部は、地域から世界までを視野に入れて勉学に励むことを掲げており、グローバル社会の台頭が進む日本においては、大きな有用性を持つ学部として話題を集めています。国際文化学部は、国際文化学科と音楽学科に分かれており、それぞれが特徴をいかしたカリキュラム編成になっており、日々の活動に励んでいます。国際文化学科では、海外留学やインターンシップなどを積極的に行うなど、グローバル社会を念頭においた取り組みに余念がありません。また、音楽学科では、その道を極めた指導者のもと、学生一人ひとりの個性に合わせたプログラムを組むなど、あくまでも、指導者が一方的に知識を教えるという従来型の授業ではなく、学生主体の授業を展開しており、人気を集めています。

鹿児島国際大では、勉学に勤しむことで知識や教養を身につけるということはもちろんのこと、人間として成長することにも視点をおいています。そのような中では、弓道部が人気を博しており、ホームページを作成するなど、その活動が取り上げられています。弓道というスポーツを通じて、仲間との連帯感を養うことはもとより、最後まであきらめずに立ち向かうということの大切などを学ぶことができるといえます。鹿児島国際大は、グローバル社会の中でさまざまな課題を抱える日本の未来を担う人材育成に余念がありません。

鹿児島国際大学
http://www.iuk.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  2. ANAクラウンプラザホテル京都の取締役社長をつとめる中山永次郎氏。京都全日空ホテルをはじめとし、日本…
  3. エアコンの掃除にかなり強いとされているおそうじ革命 高崎店は、ハウスクリーニング 高崎でもエアコン周…
ページ上部へ戻る