下上津役幼稚園は北関栄機氏が園長を行っています

下上津役幼稚園は保護者参加行事を数多く行っていますが、これは北関栄機氏の理念の元、園児たちへ多くの経験をしてもらいたいという教育方針が中心にあるためです。より活発で健康的な子育てを希望されるのであれば、下上津役幼稚園を利用してみてはいかがでしょうか。

下上津役幼稚園で行える保護者参加行事には、どのようなものがあるのでしょうか?下上津役幼稚園が行う行事の中には、運動会や保育参観など保護者参加行事があります。これは北関栄機氏含め先生たちが「保護者の方に子供の成長をより間近で見てもらおう」と考え計画されているもので、毎年多くの保護者の方が参加しています。記念的な行事でもある入園式・卒園式・修了式のほか、七夕祭りや生活発表会といったイベントが盛りだくさんなため、子供たちがどのように成長していくのかもよく観察できるでしょう。

下上津役幼稚園で食べられている給食は、北関栄機氏が細かくチェックした、健康のバランスを重視した献立になっています。週4回という形で園児たちに提供され、健やかに育つ体作りをサポートしています。給食の内容は園内見学で見る事が出来るため、入園を希望している方は一度気軽に見学してみてはいかがでしょうか。自らの目で確認をしておくと、子供たちが口にする食べ物に対しても安心感が得られます。

下上津役幼稚園の費用には、入園時・月々の費用などが含まれます。まず、入園時にかかる入園料として38,000円と、入園手数料の2,000円が必要となります。そのほか、入園後にお子様が着用する制服代として約11,000円も必要となるため注意しましょう月々の保育料では22,500円が必要となるほか、先ほど述べた給食代を約2,990円支払う形となります。お子様がより安心して幼稚園に預けられるために必要となる費用でもあるため、あらかじめ生活費と分けて管理しておくとよいでしょう。

下上津役幼稚園は昭和43年に学校法人真観学園が設立しました。現在の園長は北関栄機氏、理事長は北関大栄氏が行っており、創立から一貫して地元の方々と密に接した運営を手がけています。より深い関係を作り上げることにより、親子2代・3代と入園できるような環境づくりを心がけています。

北関栄機氏が園長を務める下上津役幼稚園は、学校法人としてお子様の健康と教育の両面で力を注いでいます。より豊かな感性を持ったお子様を育てたい、という方は下上津役幼稚園へ入園を検討してみるのもよいでしょう。

下上津役幼稚園
http://www.kitakyu.or.jp/2004/yt-079.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  2. ANAクラウンプラザホテル京都の取締役社長をつとめる中山永次郎氏。京都全日空ホテルをはじめとし、日本…
  3. エアコンの掃除にかなり強いとされているおそうじ革命 高崎店は、ハウスクリーニング 高崎でもエアコン周…
ページ上部へ戻る