しゅらの郷福祉会ーひとりひとりを大切に

しゅらの郷福祉会は、利用者が自分らしく、いきいきと地域の中で生活していけることを目指した社会福祉法人です。利用者の人権・人生を大切にし、一人ひとりに応じたサービスを提供しています。利用者の願いや思いに向き合い、理解し、支援しています。

しゅらの郷福祉会は、多機能型事業所あゆみ、鈴藤(りんどう)、ヘルパーステーションウインドミル、支援センターしゅらの郷の4施設を運営し、障害のある方のための福祉サービスに努めています。

「ヘルパーステーションウインドミル」では、利用者の意思と人格を尊重し、利用者の立場に立ったサービスを提供しています。障害のある方が地域で自分らしく、いきいきと生活できるよう支援しています。居宅介護、重度訪問介護、移動支援を行っています。「居宅介護」では、ヘルパーが訪問して、障害のある方の洗濯・調理・掃除等の家事援助や入浴介助等の身体的介護を行っています。「重度訪問介護」では、ヘルパーが訪問して、重度の障害のある方の日常生活に生ずる様々な支援を行っています。食事・家事・買い物・入浴・外出介助等です。「移動支援」では、障害のある方の外出をガイドヘルパーが支援します。余暇活動や社会参加、社会生活上必要不可欠な外出を支援しています。

社会福祉法人しゅらの郷福祉会
http://www.shuranosato.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. サービス経済の発達した現代社会では、対人サービスを提供する職業人が増加しています。そして対人サービス…
  2. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  3. ANAクラウンプラザホテル京都の取締役社長をつとめる中山永次郎氏。京都全日空ホテルをはじめとし、日本…
ページ上部へ戻る