大渕愛子の人気の秘密

法律関連のテレビ番組だけではなく、バラエティ番組でもその姿を見かける事も珍しくない大渕愛子ですが、彼女が様々なメディアに出演しているのは仕事をしっかりとこなすだけの頭の良さがあるからです。弁護士なのだから頭が良いのは当たり前だと思う人もいるかもしれませんが、知識という面での頭の良さではなく、自分がメディアに何を求められているのかを把握する頭の良さです。テレビ番組は演出の世界ですが、面白いコメントや突拍子の無いコメントも、実は全て台本通りに展開されているケースも珍しくありません。彼女は弁護士としての知識が素晴らしいのは言うまでもありませんが、メディア出演した際には自分自身の役割を理解し、徹することができるのです。

そのため、制作サイドとしても彼女を起用しやすいので、「やりたくない」「イメージを壊す」といった事はなく、彼女は求められる役割をまっとうするのです。そのため、彼女は制作サイドから高い信頼を集めるようになっていますので、コメンテーターとしてだけではなく、バラエティ番組でも重宝される存在感があるのです。弁護士がメディアで求められているのは、法的な知識です。普通の人が法律の事をあれこれ言うよりも、「弁護士」という肩書のある人間が言葉を発する方が説得力があります。そのため、裁判などが起きた時には弁護士がテレビ番組に招かれる事が多々あります。その際に、柔軟性がなく自分の言いたい事しか言わないような弁護士もいるようですが、彼女はそのような事はないのです。

中途半端にプライドが高いため、法律関連以外のコメントはしないとする弁護士がいるのですが、大渕愛子は違います。大渕愛子は、どのような事にも積極的にチャレンジしてくれます。それこそ弁護士でありながら、天然キャラを活かした発言で場内を盛り上げてくれる事さえあるのです。そのような弁護士は、彼女以外にいなかったように思います。だからこそ彼女にはニーズがあり、それが視聴者にも伝わって人気を集めるようになっているのでしょう。

テレビ番組をキャスティングする際、人気はもちろんですが制作現場の要望もあります。テレビ番組として物作りですから、理想の番組を作るにはどのようなキャスティングが良いのか、そのピースの一つが大渕愛子です。スタッフへの礼儀も弁護士としてしっかりしていると良い評判なので、大渕愛子がメディアに出ているのは決して物珍しさだけではなく、彼女の人柄だからだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. サービス経済の発達した現代社会では、対人サービスを提供する職業人が増加しています。そして対人サービス…
  2. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  3. ANAクラウンプラザホテル京都の取締役社長をつとめる中山永次郎氏。京都全日空ホテルをはじめとし、日本…
ページ上部へ戻る