中山マコト氏のキラーコピーで成果を出そう

中山マコト氏は、いきなり多くの顧客を呼び込むのではなく、1人を狙って顧客を呼び込むべきだと言っているのですが、人によって性格も感じ方も好みも違っています。そのため、キャッチコピーを作成したとしても、よいと思ってくれる人もいれば、あまりよいと思わない人もいるのです。このようにいきなり多くの人に共感を得るような宣伝文を書いてもそれほど大きな効果は見込めません。そこで中山マコト氏は、ターゲットを1人に絞って、マンツーマンのような感じで顧客の獲得を行うべきだと言っているのです。それこそがキラーコピーであり、見込み客を獲得できる早道だと言えるでしょう。多くの人にターゲットを絞ってしまえば、その分失敗する可能性が高くなってしまうのですが、1人に絞れば成功できる確率も上がります。例えばお見合いパーティーに男性が出席したとしましょう。このときに、お見合いパーティーに出席している女性全員に自分と付き合ってほしい、自分に興味を持ってほしいという考えで参加したら、結果はどうなるでしょうか。もちろん女性は自分に振り向いてくれないどころか、逆に悪い印象を与えてしまうことになるのは明白です。二兎を追う者は一兎をも得ずということわざがあるように、いきなり大勢の人に振り向いてもらうというのはかなり難しいので、まずはターゲットを1人に絞り、顧客を獲得できるようにするべきなのです。お見合いパーティーでも、気に入った人を1人に絞った方が、当然うまくいく確率は高いと言えるでしょう。なぜならその人に合った話し方や接し方をすることができるからです。お見合いでも顧客獲得でも、目的は違っても中身は同じなので、このようにキラーコピーを実践すれば、徐々にではあっても最終的には多くの顧客獲得に繋がってきます。

キラーコピーは特定した1人に顧客を絞るという方法ですが、中山マコト氏は顧客を1人に絞るだけではなく、こちらも1人で対応することが重要だと呼び掛けています。例えば1人の人に対して、複数の人で商品のよさを伝えようとした場合、相手はどう思うでしょうか。相手がたくさんいるからと警戒してしまうこともあるでしょう。これではキラーコピーではなく、ただの押し売りと同じになってしまいます。だからこそ顧客を1人に絞るのであれば、こちらも1人で対応することが重要になるのです。特定の個人に働きかけるのであれば、こちらも決まった人のみで対応すれば、相手も自分の言いたいことを言えるでしょうし、多少警戒心も和らぐ可能性が高くなります。このように話をしていき、共感してもらうことが第一歩だと言えるでしょう。共感してもらうことができたら、後は商品を購入してもらうだけになるのですが、この時点で成功できる確率はかなり上がっています。なぜなら相手が商品に興味を持っているからです。よく商品を購入してほしいのであれば、ジャンルを細かく絞ることが大切だと解説していることがあります。これはできる限りターゲットを絞り込むことがとても重要だからです。しかし、販売する商品のジャンルを絞っただけではまだ不十分なのですが、そこまで解説している人は、中山マコト氏以外には殆どいないのが現状です。なぜならライバルが増えてしまうことで、自分たちのビジネスに影響が出てしまうからです。よく情報商材などを販売するアフィリエイトなどがあるのですが、この場合でも中山マコト氏ほど詳しく解説していることは少なくなっています。最初のターゲットは1人に絞ることがいかに重要なことであるのかわかったでしょう。

いくら顧客を1人に絞ったとしても、その1人が販売したい商品に興味を持ってくれなければ何も意味がありません。そこで効果を出すことができるキラーコピーとは、どのようなものなのかを中山マコト氏が解説しているので紹介させていただきます。中山マコト氏は、コピーライティングは団体競技のようなものと表現しています。商品を販売する側が監督であり、商品を購入する側が選手という表現もしています。団体競技としてよく知られているのは、野球やサッカーでしょう。しかし、いくら監督が的確な指示をしても、選手が指示通りに動いてくれなければ意味がありません。また、指示通りに行ったとしても、勝てるとは限りません。このようにビジネスも必ずうまくいくとは限らないのです。そこで最初のうちは、マニュアル通りに実践して、失敗したら何が原因なのかを特定し、修正していくことが大切になります。まずは顧客に信用してもらうことが重要でしょう。そのためには、顧客の質問や疑問に答えることも重要ですし、体験談のように物語的に説明することも重要です。相手に興味を持ってもらうためには、商品のメリットだけではなく、デメリットも伝えておく必要もあるでしょう。何がお得なのか、何がレアなのかを伝えることも重要です。このようにある程度法則に則ってコピーライティングをしていくことが、成功するために必要なことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  2. ANAクラウンプラザホテル京都の取締役社長をつとめる中山永次郎氏。京都全日空ホテルをはじめとし、日本…
  3. エアコンの掃除にかなり強いとされているおそうじ革命 高崎店は、ハウスクリーニング 高崎でもエアコン周…
ページ上部へ戻る