染谷修氏の川口市での活動

埼玉県川口市では、土木事業を始めとする建築事業に近年力を注いでいます。昨年から台風などの自然災害を受ける地域が増え、家屋が解体したり土砂が崩れたりと各地で被害が拡大しています。関東地方では、概ね死亡者を大幅に出す事故は頻発していませんが、今後到来するであろう災害に備えて土木事業を強化する地域が現れています。埼玉県の中心部に近い川口市では、建築物の倒壊などを防ぐ対策を本格的に思案しています。

株式会社修和の代表取締役を務める染谷修氏は、川口市の建築工事を大々的に引き受けています。川口市では建築事業を幾つかに分割して行っており、染谷修氏は修和の代表として業務の矢面に立っています。直近の契約金額では、総合部門でトップ20にランクインする成績を挙げており、総額約1億3400万円となっています。川口市では、建築工事を精力的に行っており修和を含め優良な建築業者に協力を呼びかけています。染谷修氏は、将来街の建造物や市民を守る英雄の1人として、スポットライトを浴びているのです。自然災害に負けない街を作るのは、市政の指導を基に工事をする企業の面々の役目です。優良企業が一体となって、事業の共同参画が成功することにより未来に訪れる不幸な事故を止められるのです。

建築事業は、手抜きが許されない仕事です。1つの企業が、独占して業務に携わるだけでは自然災害に崩されない街を作れません。住宅を構えて市内に住む市民に、長年安定して入居できる家屋も建てていなかければなりません。一社だけのノウハウでは、非常時に備えられる建造物は作れません。街を支える複数の企業が、技術を組み合わせることで耐震に優れ土砂災害に巻き込まれない環境を整備していけるのです。株式会社修和は、染谷修氏の統率力が実って川口市に名を刻む建築業者に発展しました。染谷修氏だけの働きが、街を支えている訳ではありません。ただし、彼が川口市にいなければ実現した事業が叶わなかったと言っても間違いではありません。緊急事態に街が直面した時、浮き彫りになるのは工事を行った企業の成果です。適切な業務をしていれば、市民から絶賛の嵐です。手抜き工事をすれば。非難轟々です。染谷修氏が、業務に関わっている内は評判を落とすというようなことは考えられません。今後、街を襲う災害は幾度となく発生すると予想されます。危機が迫った時に、染谷修氏の行った事業が正当に評価される時となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  2. ANAクラウンプラザホテル京都の取締役社長をつとめる中山永次郎氏。京都全日空ホテルをはじめとし、日本…
  3. エアコンの掃除にかなり強いとされているおそうじ革命 高崎店は、ハウスクリーニング 高崎でもエアコン周…
ページ上部へ戻る